MENU

【2023】j1昇格プレーオフ決勝の主審は誰?池内明彦の判定は誤審だった!?

    2023年12月2日に東京ヴェルディと清水エスパルスのj1昇格プレーオフが行われ、東京ヴェルディが見事J1昇格を勝ち取った。

    後半ロスタイムでのPKが決まったのが決定弾となったが、SNS上では「誤審だった、PKじゃないだろ」との声が挙がっているんです。

    この試合で主審を務めたのは誰なのでしょうか?

    今回は、j1昇格プレーオフの主審が誰なのか、また本当にPKだったのか実際に動画を見ていきたいと思います。

    目次

    j1昇格プレーオフ(東京ヴェルディ×清水エスパルス)が決着

    J1への昇格を掛けた戦いが202312月2日に決着した。

    j1昇格プレーオフは東京ヴェルディと清水エスパルスにより行われ、清水の1-0のまま後半ロスタイムに突入。

    このままなら清水エスパルスのJ1昇格となるはずだったが、ロスタイムに東京ヴェルディがPKを獲得。

    これをFWの染野が落ち着いて決めて悲願のJ1昇格を勝ち取りました。

    東京ヴェルディ城福浩監督は「素晴らしいです、最高です。言葉にならないです。長らくお待たせしました。サポーターと一緒にこの瞬間を味わえて最高です」と涙ながらにサポーターに感謝を伝えた。

    劇的な幕引きとなってj1昇格プレーオフでしたが、SNS上では最後のPKへの判定に「PKじゃない」「誤審だ」などと言った声が挙がっているようなんです。

    スポンサーリンク

    【2023】j1昇格プレーオフ決勝の主審は誰?

    男性の後ろ姿

    最後のPKへの判定を巡ってSNS上で「誤審だ」といった声が挙がっているようです。

    では、主審を務めたのは誰だったのでしょうか?

    調べた所、今回主審を務めたのは池内明彦主審です。

    池内明彦主審のプロフィール

    主審を務めたのは池内明彦主審のプロフィールがこちらです。

    名前:池内明彦(いけうち あきひこ)
    生年月日:1983年8月5日
    出身地:広島県

    池内明彦出身は広島県出身で広島県サッカー協会に所属しており、サッカー審判員・プロフェッショナルレフェリー・VAR及びAVAR担当審判員として活躍。

    出身校である広島県立安古市高等学校でサッカー部に入部するとともに審判員の資格を取得。

    その後大学3年生の時に2級審判員の資格を取得し、大学卒業後2008年1月に1級審判員の資格を取得をしています。

    2009年から日本プロサッカーリーグの審判を担当し、これまでJ2だけでなくJ1でも審判を務めました。

    2021年2月1日には、日本サッカー協会が池内明彦主審とプロフェッショナルレフェリー契約を締結しました。

    スポンサーリンク

    【2023】j1昇格プレーオフ決勝:池内明彦主審の判定は誤審だった!?

    SNS上では誤審だったと言われていますが、本当に誤審だったのでしょうか?

    正確な事は言えませんが、個人的には誤審ではなかったと思います。

    話題になっている実際の映像がこちらです。

    動画を見てみるとボールに当たる前に高橋祐治選手の足が東京ヴェルディの選手の足に当たっているのが分かります。

    ボールだけにコンタクトしていたら誤審と言われてしまっても仕方ないですが、今回は先に足に当たっているため誤審ではないでしょう。

    実際にネット上でも「誤審ではなかった」という声も多く上がっています。

    ネット上の声を見てもやっぱり誤審ではないですね。

    池内明彦主審の判断は正しかったですね。優秀な審判です。

    あわせて読みたい
    【顔画像】高橋祐治の嫁(妻)は元AKB48!高城亜樹との馴れ初めは? 今回は、清水エスパルスでプロサッカー選手として活躍している高橋祐治さんを取り上げていきます。 高橋祐治さんの嫁(妻)は元AKBのメンバーの高城亜樹さんであること...
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次