MENU

ジョリー(ブレイキングダウン)が嫌いな理由3選!気持ち悪いとの声も!

    ブレイキングダウンの中心選手として活躍しているジョリーさんですが、何かと話題になっているようです。

    炎上している場面も多く見られ、ネットでは嫌い、気持ち悪いと言った声が多く見られます。

    なぜ彼は、そのようなことを言われるようになってしまったのでしょうか?

    今回は、ジョリーさんが嫌われてしまっている理由3選をまとめていきます。

    目次

    ジョリー(ブレイキングダウン)のプロフィール

    名前:ジョリー(本名:四至本ジョリー竜馬)
    生年月日:1998年4月23日
    出身地:和歌山県
    趣味:漫画
    特技:料理
    職業:実業家、YouTuber

    今やブレイキングダウンで人気メンバーとなったジョリーさん。

    彼は、フィリンピン人の母と日本人の父との間に1998年4月23日に和歌山県で生まれました。

    活動名は「ジョリー」となっていますが、本名は「四至本ジョリー竜馬」との事です。

    四至本という名字はあまり聞き馴染がありませんね。

    調べた所、全国でも300人ほどしかいない珍しい名字だそうです。

    Instagramのアカウントには、「jollyryoma」と登録されていますね。

    ハーフという事もあり、整った顔をされていますよ。

    若い頃からヤンチャだったジョリーさんは、地元の小中学校を卒業後、国際交流科のある高校に進学しますが喧嘩などの不祥事を多く起こしてしまった事で退学処分となってしまいます。

    しかし、その後別の高校に転入し無事高校課程を修了しました。

    その後、企業に就職せず自ら借金を背負い飲食店を複数店経営する校になります。

    しかし、プロ格闘家の安保瑠輝也さんのYouTubeチャンネルに誘われ飲食店への心残りはあったもののメンバーに加入することを決意。

    ジョリーさんがメンバーとして加入した、安保瑠輝也さんのYouTubeチャンネルは現在登録者数67.5万人とビックチャンネルに成長しました。

    加入後は安保さんに感化され、格闘技のトレーニングをするようになり現在では1分間での最強を決める「ブレイキングダウン」で人気選手になりました。

    また、RIZINへの出場も目指しているようです。

    プロの格闘家として活躍するジョリーさんが見れる日が待ち遠しいですね。

    スポンサーリンク

    ジョリー(ブレイキングダウン)が嫌いとの声

    YouTubeをしながら格闘家として活躍しているジョリーさんですが、ネット上では嫌いと多くの方に言われているようなんです。

    人気メンバーにも関わらずなぜこのような声が多く上がってしまっているのでしょうか?

    調査していきます。

    スポンサーリンク

    ジョリー(ブレイキングダウン)が嫌いな理由3選

    ジョリーさんが嫌いと言われている理由に以下の3つが原因となっている事が分かりました。

    ①失神ゲームを実施
    ②元K‐1プロデューサーへの不適切な発言
    ③井上尚弥を挑発

    1つずつ詳しく見ていきましょう。

    ①失神ゲームを実施

    2023年2月頃に格闘家の平本蓮さんの投稿により、ジョリーさんが失神ゲームを実施していた事が明らかになりました。

    失神ゲームとは
    失神を体験する、あるいは失神しないように耐えれるかするゲームで、1995年~2007年の間で82名が亡くなっている危険なゲームです。

    ジョリーさんがチョークをかけた男性は失神して地面に倒れ込んでしまっていますが、ジョリーさんは楽しそうにしている様子です。

    この投稿がきっかけでネット上では批判コメントがされるようになりました。

    さらにネットでの批判に対して、失神ゲームをした事を反省するのではなく反論するツイートをした事でジョリーさんを批判する声がさらに大きくなってしまいました。

    実際の投稿がこちら。

    ネット上でのアンチコメントに対して反論の投稿をしていますね。

    炎上が収まらなかった事で、後日YouTubeで失神ゲームについての真実を話していました。

    動画の内容は

    悪い事だとは思っていなく、ジョリーさんが友人にチョークの仕方を教えた所失神してしまったとの事

    チョークを教える過程での出来事だったようですね。

    この問題は第3者が口を挟む問題ではないですね。

    ②元K‐1プロデューサーへの不適切な発言

    ジョリーさんは7月にK-1プロデューサーを務めていた中村拓己さんに対して「Breaking Downにおいでよ。運営やらないか? 溝口さんに話してあげようか?」と投稿。

    この投稿をした事により、ネット上で批判が殺到。

    一般の方からだけでなく、K-1ファイターや格闘家からも「失礼極まりない」「さすがにこれは悲しい気持ち」と言ったコメントが寄せられました。

    さらに後日、「でもこのスタイルは変えやんし辞めるつもりもないって言わしてもらった てか別にお前らみたいに誹謗中傷してるわけじゃないのに沸きすぎやし、わざわざ引用リツイートしてくるK-1ファイターの奴らこれに乗じてあやかりたいだけにしか見えへんwマヂだせぇwww」と発言し日に油を注ぐ形となってしまいました。

    おそらくジョリーさんの考えがあって発言した事だと思うので、批判するのは良くないのではないでしょうか。

    K-1をやめた中村拓己さんをブレイキングダウンに誘う優しい一面が垣間見れた一件ですね。

    ③井上尚弥を挑発

    2023年7月25日に、WBC&WBO世界Sバンタム級王者スティーブン・フルトンに8R1分14秒KO勝利し、2団体統一王者を果した井上尚弥さんに対して挑発するような内容のツイートを投稿。

    「いつか拳を交えることになるであろう井上尚弥。モンスターって言われてるけど喧嘩なら私の方が強いです。僕を信じてください」

    以上のツイートに対して、ネット上では批判が殺到しスポンサーが降板を視野に入れる程の問題となってしまいました。

    世界が認める井上尚弥さんに勝てると思える自信があるジョリーさんは凄いですね。

    個人的には井上尚弥さんを侮辱している内容ではないので、特に問題ではないかと思ってしまいました。

    スポンサーリンク

    ジョリー(ブレイキングダウン)に対して気持ち悪いとの声も

    ジョリーさんに対しては、嫌いの他にも気持ち悪いといった心無い言葉も多く投稿されていました。

    人それぞれ思う事はあると思うのですが、わざわざネットに書き込むのではなく心の中にしまっとけばいいのではないでしょうか。

    匿名による投稿でも、誹謗中傷は人を傷つけます。

    誹謗中傷をするのはやめましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次