MENU

【衝撃】河村建一 は離婚してる?スキャンダルの内容がやばすぎた!

    元内閣官房長官の息子である河村建一さんですが、2004年に河村裕美さんと結婚していますが、裕美さんのスキャンダルが原因で離婚の危機に陥っていたようです。

    裁判まで発展する大きな事態となりましたが、現在離婚しているのでしょうか?

    また、スキャンダルはどういった内容だったのでしょうか?

    今回は、河村建一さんと河村裕美さんが離婚しているのか、スキャンダルの内容をまとめていきます。

    目次

    河村建一のプロフィール

    名前:河村建一(かわむら けんいち)
    生年月日:1976年1月29日
    出身地:山口県萩市
    職業:元内閣官房長官秘書

    元内閣官房長官の河村建夫の元に生まれた河村建一さん。

    河村建一さんは、地元の小中学校を卒業した後、山口県萩高等学校に進学しました。

    当高校は山口県内でも上位の偏差値を誇っており、人気の高校となっているようです。

    山口県萩高等学校卒業後は、青山学院大学法学部に進学し卒業後は東京大学大学院情報学環・学際情報学府に進学しました。

    東京大学院に在籍しながらも、バリバリ政治活動をしていた父(河村建夫)の公設第二秘書としても働き、河村建夫さんが第一次・二次小泉再改革内閣で文部科学大臣に就任した期間は文部科学大臣秘書官となっています。

    通学しながら河村建夫さんの秘書としても働いていたエネルギーは凄いですよね。

    修士課程修了の2005年からは、公設第一秘書になり、2007年には政策担当秘書に就任しています。

    その他にも、財団法人未来工学研究所主任研究員、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙フェロー、山口大学工学部客員准教授及び山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター戦略アドバイザーなど多くの機関に所属しています。

    政界だけでなく、多方面でも活躍しているようです。

    2008年、河村建夫さんが麻生内閣で内閣官房長官に就任した期間は秘書官として活躍。

    妻は河村裕美

    河村建一さんは、2004年に河村裕美さんと結婚しています。

    1998年:文部科学省入省
    2001年:コロンビア大学大学院へ留学
    2014年:東京オリンピック・パラリンピック組織委員会
    2015年:国際オリンピック委員会(IOC)
    2017年:オリンピックPRセクレタリー

    1998年文部科学省に入省し、初等中等教育局教育助成局財務課など様々な業務に就いた河村裕美さん。

    2001年からは2年間アメリカのコロンビア大学大学院に留学し、その経験を活かしその後は国際的関係に携わる事となります。

    文化庁にて世界遺産関連業務
    →紀伊山地の霊場との表詣道の世界遺産登録に関わる
    独立行政法人日本学術復興会国際事業部
    大臣官房国際課
    初等中等教育局国際教育課グローバル人材育成担当
    →スーパーグローバルハイスクール、高校生留学支援事業、留学キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」と立ち上げ

    2014年には、東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会に召集されオリンピックの大成功に貢献。

    また、国際オリンピック委員会にも召集され、オリンピックゲーム局で聖火リレーや、文化、エンゲージメント、教育、ブランド戦略などの業務に携わりました。

    2017年からは、オリンピックPRセレクタリーとして東京大会のPR、IOC、IPCとの調整など様々な事を手がけました。

    現在も多岐に渡り活躍しており、寝るのを忘れる程読書好きという勉強熱心で素敵な女性となっています。

    スポンサーリンク

    河村建一 は離婚してる?

    2014年に妻(河村裕美)のスキャンダルが原因で離婚の危機に陥った河村建一さんですが、現在は離婚しているのでしょうか?

    調査したところ、離婚したという情報は見当たりませんでした。

    おそらくですが、現在も夫婦関係している可能性が高いと思われます。

    しかし、河村建一さんの父(河村建夫)が二人の関係について

    「裕美は、オリンピックが終わるまではそっとしておいてくれということだと私は聞いています」

    とコメントを残しており、さらに二人の離婚の意志の有無について

    「そういう風に聞いている」

    と語っていました。

    なので、離婚しているという情報はありませんが、密かに離婚していたという可能性も考えられるでしょう。

    スポンサーリンク

    河村建一の妻(河村裕美)のスキャンダルの内容がやばい!

    あるスキャンダルが原因で離婚の危機に陥った河村建一夫妻ですが、どういった内容のスキャンダルだったのでしょうか?

    簡単にまとめると、河村裕美さんの不倫が離婚の原因となってしまったようです。

    河村裕美さんの不倫が報じられたのは、東京オリンピックが開催されて翌年の2021年。

    不倫相手A氏は当時NPO法人代表として活躍しており、日本に寄付文化を根付かせる活動もしておりその業界では有名な方との事。

    河村裕美さんの不倫を知るきっかけとなったのは、Facebookのやり取りだったようです。

    不倫を知った河村建一さんは、河村裕美さんに問いただしましたが「じゃれていただけ。」と回答し、それに合わせるように不倫相手のA氏も「じゃれていただけ。」と回答したようなんです。

    しかし、Facebookやり取りを見て納得いかなかった河村建一さんは素行調査を依頼しました。

    調査結果は「じゃれていただけ。」という弁明とは程通い内容でした。

    河村裕美さんは連日A氏と会い連泊している事や、週末には仲良くランニングをし、ほぼ同棲状態だったとの事。

    その後、紆余曲折を経て河村建一さんが河村裕美さんとA氏に対して民事訴訟を起こし、2016年にA氏が160万円を払い陳謝した事で和解が成立したようです。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次