MENU

沢田康広副学長のwiki経歴・学歴まとめ!自宅は超高級タワマンだった!?

    今回は日本大学で副学長を務めている、沢田康広(さわだ やすひろ)さんについて取り上げていきます。

    何かと話題になっている彼ですが、どのような経歴・学歴の持ち主なのでしょうか?

    また、自宅はどこなのかも気になると事ですね。

    そこで今回は、沢田康広副学長の自宅・経歴・学歴についてまとめていきます。

    目次

    沢田康広副学長のwiki経歴

    名前:沢田康広(さわだ やすひろ)
    生年月日:1964年8月
    出身地:大阪府大阪市
    現職:日本大学法学部教授兼副学長

    現在日本大学の法学部教授と副学長を兼任している沢田康広さんですが、過去にもさまざまな職歴の持ち主である事が分かっています。

    そこで、時系列で沢田康広さんの経歴を紹介していきます。

    1992年:司法試験合格
    2011年:山口地検次席検事就任
    2015年:東京地方検察丁総務部副部長
    2016年:宇都宮地検次席検事
    2018年:宇都宮地検次席検事退職、日本大学法学部法学科教授就任
    2020年:日本大学危機管理学部非常勤講師就任
    2021年:港区建築審査会委員、東京都港区建築審査会

    後程も紹介しますが日本大学を卒業後の1992年に司法試験に合格し、東京・大阪・山口・大分・広島・新潟で検事を務めました。

    司法試験は合格率5.2%と言われる程難易度が高い試験となっています。

    各地で多くのキャリアを積んだ沢田康広さんは、2011年に山口地検次席検事に就任します。

    次席検事とは…
    属する庁の長(地方検察庁であれば検事正)に次ぐ立場にある検事の事

    以上の説明からかなり上の役職であることが分かりますね。

    2011年から次席検事に就任する程期待されていた沢田康広さんは、2015年に東京地方検察丁総務部副部長に就任。

    さらに、2016年に宇都宮地検次席検事に就任しています。

    2018年まで同職を務めましたが、3月に退職し、これまでの実績が評価され4月から日本大学法学部法学科の教授兼副学長に就任しました。

    2年後の2020年には日本大学危機管理学部の非常勤講師に就任し、2021年には港区建築審査会委員、東京都港区建築審査会に入会しました。

    見て分かる通り凄い経歴の持ち主ですね。

    スポンサーリンク

    沢田康広副学長の学歴(日本大学出身)

    沢田康広さんの出身大学は日本大学法学部であることが分かっています。

    高校:不明
    大学:日本大学法学部(東京都千代田区神田三崎町2丁目3−1)
    大学院:日本大学大学院法学研究科博士前期課程修了

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次